美白化粧水・保湿・男性用化粧水など豊富に掲載。自分の肌に合った化粧水が見つかります。

肌質別、化粧水の選び方

敏感肌

水分量が極端に少ない【乾燥肌】

その特徴は、キメが細かく、目元や口元に小じわができやすいことが挙げられます。気温や湿度、生活習慣の変化などの影響で肌トラブルを招きやすく、ちょっとお手入れを休むと肌荒れしてしまう何かと悩みの多い肌タイプです。

肌の水分量をキープするよう心がけましょう

刺激に弱い乾燥肌タイプの人にオススメなのは、肌の水分量をキープしてくれる角質細胞間脂質の「セラミド」、水分保持能力の高い「ヒアルロン酸」、肌のターンオーバーをサポートしてくれる「ビタミンC誘導体」といった成分が入っている化粧水。乾燥肌なのにニキビができた場合には、「グリコール酸」が入った化粧水で軽く拭き取り、毛穴の皮脂詰まりを浮かせ、古い角質を取り除きましょう。

洗顔後や入浴後は、即うるおい補給!

化粧水は、少量を手に取り、数回に分けて肌全体に丁寧に重ねづけする!

皮膚が薄い目のまわりや口元は、乾燥しやすいため念入りに保湿すること!

お肌の新陳代謝を促すため、規則正しい生活を心がけること!

脂性肌

皮脂の分泌が過剰になっている【脂性肌(オイリー肌)】

Tゾーンを中心にテカりやすく、毛穴が詰まりやすいのが特徴です。お手入れを怠ると、毛穴に汚れがたまりニキビができやすくなります。食事や生活習慣の乱れ、不適切なスキンケアなどが原因とされています。

さっぱりタイプを選んで保湿しましょう!

皮脂が多いから保湿は必要ない!と勘違いしている人もいるでしょうが、皮脂がたくさん分泌されていてもお肌自体の水分が不足している場合もあります。オイリー肌でも、しっかり保湿は鉄則です。化粧水は、肌がベタつかないよう、引き締め効果のある収れんタイプや、さっぱりした化粧水を選ぶようにしましょう。アルコールの入ったものは水分が失われるため避けてくださいね。

皮脂の汚れを落とすためにも、正しい洗顔方法をマスターすべし!

洗顔後、化粧水でしっかり保湿!乳液や美容液はなど脂分の補給は控えめに。

皮脂を増やす砂糖を使った甘いお菓子、脂っこい食べ物は避ける!

ある程度の皮脂は、肌を保護するために必要。落としすぎに注意!

混合肌

Tゾーンがテカり、Uゾーンはカサつくことが悩みの【混合肌】

肌の場所によって、水分量が足りなくてカサつく「乾燥肌」と、皮脂量が多くて脂っぽさを感じる「脂性肌」が混在しているのが混合肌です。日本人女性に最も多い肌タイプです。Tゾーンがテカり、Uゾーンはカサつく、ことが悩み。

しっとりタイプでつける量を調節しましょう!

混合肌の人に多いのが、にきびや毛穴の詰まりが気になる…といった理由でオイリー肌用の化粧水を選んでしまうこと。肌タイプは違っても、お手入れの基本はうるおい補給!しっかりと水分を補える、しっとりタイプの化粧水を選ぶようにしてくださいね。

最初に洗うのはTゾーン。乾燥しやすい頬は最後に洗うべし!

化粧水は、乾燥する部分には重ねづけ、脂っぽい部分には少量に!

乾燥しやすい目元・口元の保湿は念入りにすること!

生活習慣の乱れやストレスも原因。規則正しい生活でお肌の新陳代謝を促すこと!

脂性肌

環境の変化やストレスが原因となる【敏感肌】

角質層のバリア機能が低下し、物理的刺激や特定のアレルゲンに対する抵抗が弱っている「敏感肌」。発疹やかゆみを起こしやすく、増加傾向にある肌タイプです。環境の変化やストレスが敏感肌になる原因と考えられ、カラダの内と外からケアをすることが大事です。

“しみる”と感じたら注意しましょう!

バリア機能が低下しているということは、肌がむき出しの状態なので、場合によっては化粧水が刺激となり“しみる”と感じることもあるかもしれません。そのような状態のときは、化粧水の使用は控え、油分の多いワセリンやバーム(軟膏)、クリームでのお手入れを!それほど症状が酷くない人は、ノンアルコールタイプの化粧水をコットンを使わず、手のひら全体を使って馴染ませるようにしてください。

洗顔剤が残らないよう、ぬるま湯で丁寧に洗い流すこと!

洗顔後は清潔なタオルでやさしく抑えるように拭きとる。

洗顔後は、肌が乾燥する前に保湿ケア!

バランスの良い食事を心がける。

広告バナー

全研本社株式会社 copyright (C) 2013 ZENKENCORPORATION ALL RIGHT RESERVED.

pagetop